互助会とのトラブル

互助会とのトラブルが近年増えてきております。

消費者庁が発行している平成25年版の消費者白書の「第1部 消費者行動・意識と消費者問題の現状」によれば、
終活に力を入れているお年寄りの増加により、それに伴って消費者のトラブルが盛んになっているとのことです。
(引用:http://www.caa.go.jp/adjustments/hakusyo/2013/honbun_1_2_2_19.html)

小平市の葬儀社である京典でも、お客様からの生前の葬儀ご相談は年々増えているように感じます。

年々増加する事前相談

小平市に問わず、葬儀については全国で多くのお悩みを抱えていらっしゃる方がいるかと思います。
先ほどの消費者白書ではご葬儀に関する相談内容について、
「価格やサービス面についての十分な説明の不足」や「希望と異なる葬儀料金になった」などが多く挙げられています。
これらは事前の相談がなく、もしものことが起こってしまったときになって初めてお話しされるケースに多い傾向です。

実際、同消費者白書でも「急な契約」によるものが中心という記載が見受けられます。

またもうひとつ近年で多くなってきているのが一般葬儀社や互助会などの会員システムにより、葬儀前の解約に関するものです。

生前会員での解約について

京典も会員制度はございますが、お客様が解約されたいとの旨をお聞かせいただければ解約させていただいております。
本音としては、行動指針としてあげておりますようにお気軽にご相談いただける葬儀社を目指して、
会員様と密着してコミュニケーションをとらせていただきたいのですが、皆様のお気持ちがまず第一です。
悪質な葬儀社では解約料金の請求や互助会などの積立金のシステムを会費として誤解するように説明されているところもあります。

また消費者庁によれば自宅を担保にさせるなどのケースもあるとのことです。

京典では無理な営業活動は行いません

相談=強引な営業活動と思われてしまう方も少なからずいるとお聞きします。
京典では小平市の皆様と密着し、葬儀の相談相手になりたいと考えているため無理な営業活動は行っておりません。
私たちも会員制度はございますが、皆様と蜜にコミュニケーションを取れるものとしての会員制度だと考えております。
その結果もしものときに私たちが皆様の大切な故人様をお送りするお手伝いができればと思って思っております。
弊社で考える事前相談は不安を解消するためのものであり、勧誘活動ではございません。
無理な営業活動はいたしませんので、安心してご来店くださいませ。

会員制度や互助会、お葬式のことや家族葬のことなど、
ご葬儀のことは無料でお伺いしておりますのでお気軽にお問い合わせください。