霊璽(神道の位牌)について

神道における位牌は「霊璽(れいじ)」と呼ばれます。

材質は桧などの白木で作られ、更に同材質で作られている

鞘で「白木覆い」をするのが一般的です。

地方によって鏡の付いた錦布で「鏡錦付覆い」をすることが

あるようです。

神道において神様は神聖なものであり、霊璽に神が宿ると

されているので直接目に触れないように「鞘」と呼ばれる

ケースで覆うようです。

 

仏教では戒名が書かれた位牌に魂を入れる「魂入れ」を

行いますが、神道では戒名に当たる「霊号」が書かれた

霊璽に「遷霊(せんれい)」を行います。

遷霊祭は故人様が亡くなられてから50日までの間に10日ごとに

行われていたようですが、通夜祭の時や出棺前に行うことが

多くなったようです。


霊号は「故人様の名前」の後に、「称名(たたえな)」、

「尊称」、「結辞」を付けることが一般的です。

称名は、一般的に、成人男性の場合は「大人(うし)」、

成人女性の場合は「刀自(とじ)」の2つが使われます。

年齢によって童子、姫、翁、大刀自と称名が変わる事が

あるようです。

これに続いて尊称。「命(みこと)」、または「之命(のみこと)」

が付くようです。

最後に結辞ですが、ここには「霊」、「霊位」、「之霊」が

付きます。

没年月日は、裏面に書かれる事が多いようです。

仏教では日付の後に没などを付けることがありますが、

神道では「帰幽」をつけます。

例)令和○○年○月○日帰幽 享年○○歳

霊号を書いた霊璽は覆いをかぶせて祖霊舎(それいしゃ)と

呼ばれる仏式の仏壇にあたるものに祀ります。

神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に祖霊舎にお祀りする

場合は、神棚より低くなるよう安置するようです。

南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいと

されているようです。

また神棚にお祀りされる場合はお付き合いのある神主様に

お聞きいただければと思います。


お住まいの地域によってお祀りの仕方があるようですので

ご心配な事がございましたらお付き合いのある神主様に

お聞きいただくのがよいかと思います。