マイナンバーの返却について

小平市 葬儀の京典です。

さて、今回のお葬式の知識は「マイナンバー」についてです。

題して「マイナンバーはすぐに返さない!」 です。

ご葬儀が終わり、一通りの手続きを行う上でマイナンバーカード及び通知書の返還をする時がやってきます。
しかしこのマイナンバーを先に返還してしまうと後々大変になってきます。

例えば、保険に入っていた場合、亡くなられてから保険会社に連絡し、住民票や死亡診断書など各種書類を通じて手続きを行っていくのが今までのやり方でした。
しかし昨年にマイナンバー制度がはじまると、生命保険を支払う際に税務署に提出する支払調書に受取人のマイナンバーを記載することが義務化されたのです。
保険会社は生命保険の支払いの時に受取人をマイナンバーを通じて確認しなければなりません。
マイナンバー制度によって振り分けられた番号は死亡後も有効で、相続税等の申告の際にも必要になってきます。
ですから必要な手続きが終わるまで遺族が管理する事が望ましいのです。

新しい制度が導入されると便利な反面、今までと違った流れになってきます。葬儀の京典では葬儀はもちろん、葬儀後のサポートも承っております。何かご不明な点が御座いましたらお気軽に問い合わせください。

以上 小平市 葬儀の京典でした。