「京典さんの存在に安心感を感じるようになりました。」

※今回は喪主様からのメールをご紹介いたします。

 

〇月〇日

京典様 河窪様

先日の作成して頂きましたお葉書(※)が親戚中に大好評でした。

「夫に、もしもの時にあなたもこういうお葉書にしなさいよと言ったのよ」等。

誠に有難うございました。

「京典さんと河窪さんのセンスの良さのお陰で、お袋は色々苦労があったけれど、

最期は遺志が尊厳されて、お袋らしい明るくて清々しいお式で本当に良かったな」と、

夫がポツリと言いました。

 

〇月〇日

京典様 河窪様

本当にお世話になりまして、真にありがとうございました。

京典さんの存在に安心感を感じるようになりました。

河窪さん、今後も応援しております。

お花のリンドウが元気です。

 

 

〇〇様

京典 河窪です。

ありがたいお言葉をいただきまして、大変恐縮でございます。

社内で共有させていただいて社員一同感激しております。

このように感謝のお言葉や、弊社への感想をいただけることが、本当に何よりの励みになります。

こちらこそ本当にありがとうございました。これからも日々精進してまいります。

先日の法要の際にちらっと聞こえてしまったんですが、リンドウを選ばれた理由が、お母様のお戒名の読みに”リンドウ”と入っているからだったんですね。

法要打ち合わせの際にリンドウをご指定いただいた時、私は全然気付けなかったんですが、その由来を聞いて「なんて粋な理由なんだ!」と大変感銘を受けました。

死亡通知ハガキの”葡萄の花が咲く頃”という季節の表現の仕方もそうですが、〇〇様のセンスの良さから学ばせていただくことが多くありました。

大変勉強になりました。ありがとうございました。

ご主人様にもどうぞよろしくお伝えください。

またお葬儀のことや、お葬儀後の法要などについてご質問等ございましたら遠慮なくおっしゃってください。

まだまだ落ち着かないことも多くあるかとは思いますが、時節柄、どうか皆様お体にお気をつけてお過ごしください。

  担当スタッフ:河窪

 

※お葉書…葬儀後に亡くなった事をお知らせする通知状。

※追記:りんどうは今の季節ではなく入手出来るか心配いたしましたが、お花屋さんが頑張ってくださいました