葬儀看板の「儀」ってなんでしょうか?

弊社で葬儀をされる際には『家族葬ホール小平』入口にあります電子看板を

立てさせていただいております。

貸式場にも、このように看板を立てさせていただいております。

 

 

故人様のお名前の下に「儀」とあります。

これは何だろうと思われたことはありませんか?

「儀」とは〇〇〇〇様に関しての、という意味です。

『〇〇〇〇儀葬儀会場』という看板は、「〇〇〇〇様に関わる葬儀の会場」という

意味です。

 

会葬礼状にも「儀」を使用しております。 なるほど…と思いますよね。

 

 

 

 

 

 

 

話はそれますが、昔は「忌中額」というものが玄関先に貼ったものでした。

自宅葬が多かった昔は、弔問客に対しての目印にもなったのですが、

葬儀中は人の出入りも多く、目が行き届かず、さらに留守がちだったり、

複数のお香典が家の中にあると見られ、空き巣被害に遭われたお家もあったようです。

そのため最近は「忌中額」は使用されておりません。