市民葬について

人が亡くなった場合は、7日以内に役所に死亡届を提出しなければなりません。

①死亡した場所にある役所

②届出人の住所の役所

③死亡者の本籍の市役所 のいずれかに届け出をします。

 

ここでは小平市に提出して、小平市民葬をする場合についてお話をしたいと思います。

 

市民葬にする場合には「市民葬儀券」が必要になります。

死亡届を提出した後に発行される「火葬・埋葬許可証」を役所に

提出すれば発行されます。

 

市民葬とは

小平市のHPに市民葬儀のページがありますので、それに沿ってご説明いたしますと

市民葬儀をする業者は市内に3社ございます。そのうちの1社が京典です。

 

葬儀業者が決まったら小平市で指定されている

A 祭壇 B 木棺 C 霊柩車 D 火葬 E 骨壺 を選びます。

【参照】小平市における市民葬儀料金規定

https://www.city.kodaira.tokyo.jp/kurashi/020/020075.html

 

A~Eは必ず利用しなければいけないものです。

それぞれ指定のものの中から選ばなくてはなりません。

一例を申し上げますと、祭壇は金襴か彫刻の三段か五段の中から選び、

火葬場は多磨火葬場の最上等に限られます。

市民葬は必要最低限の葬儀をする事が出来ますが、

最近人気のある花祭壇は使用出来ないなどの縛りがあるため、

自由度は低くなります。

また、多磨火葬場の最上等の空き具合で葬儀の日程が

遅くなる場合もあります。

 

この他、以下のものがかかる場合もあります。

式場代 葬儀までの安置料もしくはドライアイス代 搬送料

遺影写真 返礼品 会葬礼状 盛菓子など 宗教者へのお布施などです。

 

お客様がどんな葬儀にしたいかによって、市民葬をおすすめする場合もございますし

ご希望によっては使用しなくても価格を抑えることもございます。

市民葬に関しては事前相談も承りますので、どうぞお気軽にお聞かせください。