葬儀に参列します。さて、不祝儀袋は何を使えばいいのかしら? 御霊前? 御仏前?

葬儀に参列する機会はそうそう日常にはないと思いますので、いざという時に

何に入れて行けばいいのかと迷うところです。

 

葬儀社のホールや会館で行う場合が多いかと思いますので、まずは訃報通知などで

確認されるとよいと思います。

 

仏式の場合ですと、「御霊前」「御香料」「御香典」が多いです。

仏教の宗派で「浄土真宗」は亡くなった後は「即身成仏」になるという教えが

ありますので「御仏前」にされる方も多いのですが、

仮に「御霊前」でお持ちになっても失礼ではないのでご安心ください。

 

 

 

 

無宗教形式で行う場合も、「御霊前」「御香料」「御香典」でお持ちになる方が

多いようです。

 

実際に京典で神式の葬儀を執り行う際に訃報通知をご覧になって、

「お香典の袋は何を使えばよいか」とのお問い合わせをいただく事がございます。

神式ですと「御榊料」「御玉串料」「神饌料」が多く使われます。

 

キリスト教式の場合はカトリックとプロテスタントでは違いがあるようです。

一般的にはカトリックでは「御花料」「御ミサ料」「御霊前」を使われるようですが

カトリックの葬儀ではお香をたくので「御香典」でお持ちになる方もいらっしゃいます。

プロテスタントでは「御花料」「献花料」が多く使われるようです。

 

あまり細かく書きますと益々混乱されるかも知れませんが、

仮に違ったとしても、それほど問題になるような事ではございませんので

お悔やみのお気持ちが伝われば良いと思います。